優秀なアイテム!オールインワンジェルとは


オールインワンジェルの基礎知識

オールインワンジェルは下地や化粧水、美容液やパック、乳液などの機能が一つになったスキンケア用品です。洗顔後に顔に適量を塗るだけで、スキンケアが終了します。メイク前のスキンケアや化粧下地としての役割もあり、幅広い場面で使えるのが魅力です。いちいちたくさんのアイテムを揃える必要はなく、スキンケアに掛けるお金を抑えられるのも良いところです。オールインワンジェルの種類によっては保湿力があるものがあったり、美白に特化したジェルがあったりと様々な機能が兼ね備えられています。パックとして使うときにはジェルを顔全体に厚めに塗って、5分から10分程度放置します。優しくティッシュなどで拭き取れば、肌がもっちりするのが特徴です。

保湿力や乾燥が気になるときには

オールインワンジェルだけのスキンケアでは保湿力や乾燥が気になるときには、ジェルを塗布した後にクリームや乳液でケアをします。ジェルで肌に与えた水分や栄養を閉じ込めてくれて、乾燥を防ぎます。ジェルが少し乾いてから塗るのがポイントで、スキンケアの最後にクリームや乳液を使いましょう。それでも乾燥してしまうときには手のひらに数滴オイルを垂らして、手で馴染ませてから顔に塗ります。乾燥する冬場などにも保湿力が保たれて、潤いのある肌にしてくれます。

乾燥が気になってジェルだけのスキンケアでは物足りないと感じるときには、導入化粧水を使うのも一つの手です。導入化粧水はスキンケア前に使うもので、肌を柔らかくしてよりスキンケアアイテムが浸透しやすくなるものです。肌を柔らかくしておけばオールインワンジェルの浸透も良くなり、乾燥があまり気にならなくなるかもしれません。

ネオちゅらびはだ」はジェルタイプのクレンジングです。肌に伸ばすと炭酸泡に変化して、メイクや汚れを浮かせて落とします。また、炭酸の血行促進効果や、製品に含まれる成分によって、肌が整えられるそうです。