aga対策には食事がカギとなる!食生活を見直そう

食生活が偏っている人は要注意

agaは男性型脱毛症を指し、薄毛や抜け毛が目立つのが特徴的です。年齢は関係なく、男性であればいつ発症してもおかしくありません。agaを引き起こす原因の1つとして挙げられるのが、生活習慣の乱れです。運動や睡眠不足、過度な飲酒や喫煙などによって髪の毛や頭皮に影響を及ぼします。その生活習慣の中でも特に注意すべきなのが食事です。髪の毛は主に、食事から得られる栄養によって成長します。しかし栄養バランスが偏っていたり、寝る寸前まで必要以上に食べ続けていると、髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなるのです。

aga発症のリスクを抑える食事とは

髪の毛に必要な栄養素は、タンパク質、亜鉛、ビタミン類が挙げられます。まずタンパク質は、髪の毛の主成分であるため欠かせない成分です。タンパク質は卵や大豆、乳製品などに多く含まれています。中でも納豆はタンパク質だけではなく、髪の毛にツヤやコシを出すイソフラボン、亜鉛も含まれているためおすすめの食材です。次に亜鉛は、髪の毛の生成を助けてくれる重要な栄養素です。亜鉛が含まれている食材は、牡蠣やごま、牛肉などが挙げられます。注意点は、飲酒によって亜鉛が消費されてしまうことです。お酒はなるべく控えましょう。

ビタミン類では、中でもビタミンB6とビタミンEが髪の毛の成長に良いとされています。ビタミンB6は皮脂を過度に分泌しないようにコントロールし、ビタミンEは血管を拡張して血流を良くしてくれます。ビタミンB6はバナナやひれ肉などに、ビタミンEはナッツ類に含まれています。これらの栄養素をバランスよく取り入れて、aga対策をしましょう。

多くの人の悩みの種であるagaの中にはM型と呼ばれる症状があります。そんなM型agaを京都で治療することができます。